So-net無料ブログ作成
検索選択

花粉症になったら、こんな食べ物にご注意!

花粉症は、あなたにも突然発症するかも  今回は花粉症の症状が出た時に、控えたり注意した方がよい食べ物について、ご紹介しましょう。■花粉症は誰もがなるリスクをもっている 花粉症は、スギだけでなくマツ、ブタクサなど、人によりアレルゲンは様々です。花粉を鼻や喉、目から体内に取り込むと、カラダの免疫機能が反応して「抗体」をつくり、再び花粉が吸い込まれると異物として「抗体」が反応し、ヒスタミンなどの物質を放出します。ヒスタミンによって、神経や粘膜の血管が刺激されて、くしゃみ、鼻水、かゆみ、結膜炎などの症状が現れます。 アレルギー体質の人は、花粉症になる可能性が高いのですが、アレルギー体質でない人も長年花粉を取り込んで、カラダの一定の許容量を超えると、突然花粉症が発症する可能性はあります。 花粉症の人が増えている原因は、戦後スギを植林してスギの花粉飛散量が増えたこともあるのですが、食生活の問題、大気汚染、ストレスの増大なども影響していると言われています。■免疫機能がうまく働かないと発症しやすい 食生活の問題とは何か、についてご説明しましょう。花粉症のアレルゲンは、花粉ですから、何か食べ物の原因で発症することはありません。けれども、仕事が忙しくて、睡眠不足、ストレスがたまっている、食事がきちんととれない、などの生活リズムが崩れたり、食生活が乱れて栄養が偏ったりすると、自律神経が乱れて免疫機能がスムーズに働かず、そんな時に花粉症の症状が出たり、ひどくなったりします。 もちろんこれは花粉症に限らず、睡眠不足や食事が不規則がちな時に、風邪をひいたり、喘息が出たり、疲れ目がひどくなるなど、自分の弱い部分に出てしまうのです。ですから、自分のカラダの声をよく聞いて、ひどくなる前に、生活を見直しカラダをケアすることが大切ですね。■高タンパク・高脂質の食事との関係 昭和40年代以降、日本人の食生活は欧米化が進み、肉類の摂取量が増えて高タンパク・高カロリーの傾向になってきました。そのような食生活の変化と、花粉症の増加の関連性が指摘されています。 もちろん脂肪の多い肉類はアレルゲンではないので、食べてすぐに花粉症が発症するというのではなく、長い期間にわたって、高タンパク・高カロリーな食生活を続けていると、花粉症になりやすいと言われています。また、加工食品などに含まれる食品添加物なども、花粉症などのアレルギーに影響するのではないかと言われています。 花粉症の症状がでたら、できるだけ高カロリーになりがちなファーストフードの食事や加工品などは控えめに、そして幅広い食べ物から様々な栄養素や成分がとれる食事を心がけてください。■タンパク質はとってはいけないの? 栄養のバランスよくと言っても、なかなかわかりにくいものですよね。もう少し具体的にご説明しましょう。 タンパク質は、免疫機能を高めるためにも必要な栄養素なのですが、とりすぎると免疫機能が過剰に働いて、症状がひどく出てしまうようです。花粉症が気になる季節、また症状が出たら、脂肪の多い肉類は避けて、赤身肉やささみ、また魚などを食べましょう。青魚などに多く含まれている不飽和脂肪酸のEPAや DHAは、アレルギー症状を抑える働きがあることも知られています。■ビタミンミネラルをしっかりとろう ビタミンやミネラルなどはカラダの機能をスムーズに働かせるのには欠かせません。特にビタミンB6は、免疫機能を正常に維持するのに必要で、不足するとアレルギーが出やすくなると言われます。また花粉症の症状である鼻や眼の粘膜の炎症、かゆみは、活性酸素が増えるとひどくなります。ビタミンCやビタミンA、ビタミンEなどは、抗酸化作用のある栄養素です。12

山口淳氏による著書「ヘミングウェイの流儀」が発売されました。

ライター、エディターとしてメンズ誌を中心に活躍する山口淳氏。ファッションやプロダクトの本質を突く、真摯な取材姿勢と実体験に基づいたリアリティで、文章に圧倒的な説得力を持たせることで高名なプロフェッショナルです。そんな氏がこの度上梓した書籍が「ヘミングウェイの流儀」。タイトルからも分かるように、かの文豪アーネスト・ヘミングウェイを題材にしています。しかし、凡百のヘミングウェイ本と異なり、洋服やプロダクトに独自のこだわりを持っていたという部分を徹底的に掘り下げているのが特徴です。どこかズボラで着るものに無頓着といったステレオタイプのイメージに疑問を呈し、膨大な量の写真や手紙、領収書に至るまでの参考資料を徹底的に分析することで新たな事実を知らせてくれる内容となっています。特徴的なヒゲの変遷や、アバクロのサンバイザーといったお馴染みのものに対する考察はもちろん、IVYルックに紐靴を履いていた時代やジャズスーツを着こなす姿などといった貴重な写真も盛りだくさんの内容となっています。ビーンブーツやバスクシャツなどロングセラーアイテムを結果的に選んできていた審美眼の確かさに改めて感心するだけでなく、イメージと異なるヘミングウェイを楽しめる内容になっているといえるでしょう。ファッション的な文献としても貴重な資料となっているので、服好きにも目を通してもらいたい1冊です。近日中に著者の山口さんにFEATUREへの出演もお願いしています。そちらもご期待ください。ヘミングウェイの流儀(今村楯夫氏との共著)日本経済新聞出版社価格:?1,890(税込み)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。